本文へ移動

東峰の家

リシン掻き落しとサワラ板の鎧張りを組み合わせた潔い外観。
室内は要望に応え、木をふんだんに使った内装。
壁のサワラ板を部分的に小幅にしたり、栗や欅などの広葉樹を要所に用いて、単調な表情にならないよう考慮した。
玄関の奥には珈琲豆の焙煎室、二階には広い書斎など、趣味を愉しむ部屋を設けている。
 
所 在 地:栃木県宇都宮市
家族構成:母+子
工事種別:新築工事
延床面積:109.30平方メートル(33.00坪)
竣  工:2018年9
TOPへ戻る