日々

屋根葺き完了

2017-04-06
カテゴリ:糸屋格子の町家

糸屋格子の町家

 

 

現場は、ガルバリウム鋼板の屋根葺きが完了。

構造材のほとんどが化粧材なので、とりあえず一安心。

 

正面の佇まいは、高さを抑えた控え目な感じ。

反面、側面に廻ると、長がっ!と、思わず声が出てしまいます。

 

玄関ポーチに掛かった下屋で一番長い軒桁は、以前の記事でご紹介した、先々代の頃から家族を見守り続け、庭木のなかで一番高く伸びていた桧。

製材して6m一本モノの軒桁に生まれ変わりました。

多少、節はありますが、見た目以上の想いがこの軒桁には詰まっています。

 

玄関から中に入ると、すべて桧で揃えた柱や梁がお出迎え。

いずれも化粧材となり、真壁づくりの骨格となります。

 

設計担当 髙山