日々

外構工事

2018-02-08
カテゴリ:小さな畑のある平屋

小さな畑のある平屋

 

庭に木々や資材が運び込まれ、「小さな畑のある」庭づくりが始まりました

 

駐車場から玄関まで続く長いアプローチ。

客人が「ピンポーン」と、駐車場付近に設けたインターホンを鳴らして、家の人が「どうぞお入りください」と応対する。

そして、客人は玄関へ進んできます。

 

アプローチの途中にはクランクを設け、客人の歩く速さ、視野が変わることで、庭を楽しみながら進んで行けるように。

その間に、家の人は身支度を整えて玄関に向かうことができます。

 

さて、この後どのように作庭されていくのか、お楽しみに。

引続き完成見学会のご予約お待ちしております。

 

設計担当 髙山