日々

小さな畑づくり

2018-02-13
カテゴリ:小さな畑のある平屋

小さな畑のある平屋

 

着工前、道路と敷地の間には大谷石の擁壁がありました。

乗り入れや駐車スペースをつくるため擁壁は全て撤去しましたが、大谷石は再利用するため現場で保管。

庭づくりがはじまり、大谷石が息を吹き返す新たな利用先は、邸名にある「小さな畑」です。

 

大谷石は小さな畑の縁石として再利用。

畑は1.5×2.5間(2.73×4.55m)と、無理せず手がけられるサイズです。

縁石で地面より高くすることで、水はけの良い畑になります。

 

庭づくりは、まだ折り返し地点。

住宅街に雑木の庭がまもなく完成しますよ

引続き完成見学会のご予約お待ちしております。

 

設計担当 髙山