日々

完成間近

2018-05-30
カテゴリ:藤岡の家

藤岡の家

 

 

久しぶりの更新で申し訳ありません。

現場は今週末の引渡に向け、最終工程に入っています。

 

外部は足場が撤去され、外観の全容が明らかになりました

建物の東西幅は約13m。

広い間口に対し、普通に大屋根を掛けてしまうと、最高点までかなりの高さを有し、背伸びしたような外観になってしまいます。

勾配が始まる一階部分は、室内の天井高に支障を与えないギリギリの高さまで低くし、最高点までの高さ約7mと極限まで抑えました。

結果、建物の重心が低く、安定感のある外観に。

 

内部は家具や建具が入り、凛とした木の素材感が生きる空間に一変。

リビングは対面キッチンのスタイルですが、ダイニングテーブルはキッチン脇に置くスタイル。(階段の隣に)

キッチンから直線的な対面キッチンに比べ、配膳と片付けの動線が短なり、リビングを単独で使うことができます。

 

リビングの上部は屋根勾配を活かした勾配天井の吹抜け。

吹抜けを介して繋がる二階の空間は、建具で仕切った三つの子ども部屋と広い勉強スペース。

 

個室で三部屋設けるのも選択肢のひとつ。

しかし今回は、子どもたちが成長し、家を出ていった後の事を考慮しています。

個室で三部屋空くより、建具の仕切り方で4畳、8畳、12畳と様々な使い方ができる可変性を持たせた間取りです。

 

子ども部屋は、あくまで就寝がメイン。

北側で風通しが良く、薪ストーブの暖気も行き届く、階段ホールに設けたカウンターが子どもたちの勉強スペースです。

カウンターの奥行は60㎝。

デスクトップとキーボードを置いても、A3用紙が置けるスペースが確保できます。

 

設計担当 髙山