日々

漆喰塗り

2018-06-12
カテゴリ:白沢の家

白沢の家

 

 

外壁のリシン掻き落し仕上は施工完了。

足場が撤去され、潔い切妻屋根の外観が姿を現しました

 

一方、内部は壁の漆喰塗りが、中盤戦に差し掛かっています。

外のガレージは、漆喰の材料置場兼、漆喰を煉るペースと化しています。

「俺のためにこんな素敵なスペースを用意してくれてありがとう」と、左官職人さん。

残念ながら、用途が違います。

 

さてさて、前回の記事でお話しした手洗鉢。

今月末、陶芸家・郡司庸久さん、慶子さんのアトリエに引取りに伺います。

そんな中、タイムリーな話題をひとつ。

 

最新号Casa BRUTUSの特集「行列のできる うつわ作家」では、郡司庸久さん、慶子さんの工房を訪ね、うつわの魅力や制作の背景となる豊かなライフスタイルが掲載されています

お近くのコンビニや書店で、お手に取ってみてください。

 

設計担当 髙山