日々

玄関

2018-07-03
カテゴリ:白沢の家

白沢の家

 

 

W杯日本代表。

お疲れさまでした。

その一言に尽きる一日。

 

仕事が立て込んでいるハウスクリーニング屋さんに代わり、昨日は、私自ら買って出て室内外の掃除をしてきました。

 

「若いときの苦労は買ってでもせよ」・・・もう若くはありませんが、掃除機のヘッドが届くのか、コンセントの数は足りているのか、など、暮らし手の目線で確認できる貴重な体験です。

きれいになったところで、これから床や建具の塗装が始まります。

 

さて、写真は養生が撤去された玄関の様子。

段差を軽減する式台、支えとなる手摺、下駄箱の天板など、ポイントに使っている樹種は、木目と色味に重厚感・主張性があるケヤキ。

床や下駄箱の扉に使われている桧と比べると、その差異が良く分かります。

 

玄関に立ち、正面に見えるのはリビングの両面井桁格子戸。

主室の建具に相応しい、存在感のある佇まい。

先にどんな空間が広がるのか・・・掻き立てます。

 

設計担当 髙山