本文へ移動

日々

木のディテール

2018-08-29
カテゴリ:東峰の家

東峰の家

 

 

今日は、木のディテール色々。

 

リビングは、壁と天井がサワラの羽目板張り。

いずれも、同じ羽目板で張ると単調になりがち。

そこで天井の一部は、小幅(3㎝程度)なサワラの羽目板を「朝鮮張り」という張り方で納めています

羽目板の縁を切る桧の化粧梁は、下端だけ見せる贅沢な使い方。

 

玄関の窓は、窓台が緩やかな半円形。

奥行があるので、一輪刺しなどを飾るのにお勧めです。

無性に何か置きたくなる衝動を誘います。

 

引違い窓には、最後にブラインドを取付けます。

窓枠の上につく幕板は、たたんだブラインドを隠すため。

既製品の存在や、線を消すことで、自然素材の生成りな雰囲気をそのままに

 

設計担当 髙山
TOPへ戻る