器.png

栃木県には、民衆の生活から生まれた素朴で郷土色豊かな器があります。
 
大正時代に民芸運動の旗手であった濱田庄司が、世界に名を知らしめた民芸陶器の原点である「益子焼」。
 
足尾銅山の閉山を機に“地域おこし”として、鉱山から出る鉱泥の活用を目的として誕生した「足尾焼」。
 
無垢杢工房では、これらの器を水廻りに彩りを添えてくれるマテリアルとして、手洗鉢などに取り入れています。