長岡の家

緩やかな南傾斜の丘陵地に建つ子育て世代の家。
主暖房は温水床暖房とし、床材には反り、くるい、収縮などが生じにくい硬質加工を施した県産材の杉フローリングを採用している。
平面計画はフレキシブルな生活動線を可能にする回廊型とし、建具の開閉によりLDKと一体利用できる和室を設けている。
 
所 在 地:栃木県宇都宮市
家族構成:夫婦+子ども2人
工事種別:新築工事
延床面積:121.72平方メートル(36.75坪)
竣  工:2014年4月