益子の民家

陶芸家が住んでいた築41年の母屋。隣には老朽化し使われていない登り窯があった。
登り窯を形成していた耐火レンガ、陶器を並べるための陶板は、建築素材として生まれ変わる。
登り窯はこの家の軌跡でもある。その軌跡を新たに生まれ変わる家で継承し、再び軌跡を刻んでいく。
 
所 在 地:栃木県芳賀郡益子町
家族構成:夫婦+子ども2人
工事種別:リノベーション
延床面積:151.00平方メートル(45.58坪)
竣  工:2012年8月