本文へ移動

下岡本の家

建設地は、土地区画整理事業により線路と平行に区画された代替地。
建物の配置は区画に沿わず、住み慣れた以前の住まいと同じ方角に計画した。
間取りは、親と子世帯の居住スペースを階で分けた完全分離型の二世帯住宅。
木のぬくもりがあふれる一つ屋根の下、いい距離感で互いを尊重した暮らしが始まる。
 
所 在 地:栃木県宇都宮市
家族構成:親世帯/夫婦、子世帯/夫婦+子ども2人
工事種別:新築工事
延床面積:185.48平方メートル(56.00坪)
竣  工:2016年3月
TOPへ戻る